くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > くりっく株365実践に
知っておきたい知識
> くりっく株365実践 注文種類 トリガ(逆指値)注文

くりっく株365実践に
知っておきたい知識

くりっく株365実践 注文種類 トリガ(逆指値)注文

くりっく株365実践 注文種類シリーズ トリガ(逆指値)注文です。

指値注文は、指値(設定)価格より有利な価格が取引所で提示されると約定する注文方法です。

それに対して、トリガ(逆指値)注文は、設定したトリガ価格を含めそれよりも不利な価格が取引所(プライスボード)で提示されると約定する注文方法

指値注文は、ある価格以下で買いたい、ある価格以上で売りたい というときに使う注文方法。

決済利益確定の際に使われることが多い注文方法です。

トリガ(逆指値)注文は、ある価格以下で売りたい、ある価格以上で買いたい とういうときに使う注文方法。

ストップロス(損切)時に使われることが多い注文方法です。

例えば、くりっく株365 日経225を 10,000円で1枚買いポジションを持っていたとしましょう。

100円下がったら損切をするという注文を出すのに

決済で トリガ(逆指値)注文を 9,900円 に入れておきます。

相場が予想と反して下落、9,900円以下になれば、トリガ(逆指値)注文が執行されます。

注意点は、9,900円ちょうどで約定すると約束されたものではありません。

9,900円で約定するかもしれませんし、9,895円で約定するかもしれません。

基本ポジションを持てば、ストップロスを入れておきますから、その時は、ポジションに対してトリガ(逆指値)注文を入れておくことになります。