くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > くりっく株365実践に
知っておきたい知識
> くりっく株365(取引所CFD)実践 注文種類 ストリーミング注文

くりっく株365実践に
知っておきたい知識

くりっく株365(取引所CFD)実践 注文種類 ストリーミング注文

くりっく株365(取引所CFD)実践 注文種類シリーズ ストリーミング注文です。

ストリーミング注文は、今表示されている価格以下で買いたい今表示されている価格以上で売りたい

というときに使います。あれ?これって指値注文と同じ?と思いました?

今表示されているというところに違いがあります。

 

ストリーミング注文で、くりっく株365銘柄と数量を設定して、注文を進めると下記のような価格パネルが表示されます。

くりっく株365(取引所CFD)実践 注文種類 ストリーミング注文 価格パネル
これは、くりっく株365 FTSE100(イギリス株価指数)を1枚 ストリーミング注文時。

このストリーミング注文時の価格パネル場合、

買気配(売注文)を選択すると

くりっく株365 FTSE100 1枚 を 6042以上で売りたい

売気配(買注文)を選択すると

くりっく株365 FTSE100 1枚 を 6047以下で買いたい

という注文になります。これが取引所で受け付けられた時に、これらより有利な価格であれば、約定します。

これらより不利な価格であれば、失効となります。

今表示されている”というのは、ストリーミング注文したときに表示される価格パネルの数値の事です。

価格パネルの数値は、ストリーミング注文時のプライスボード価格がでます。

チャートなどを見て、売買する際に ”今の価格”というときに便利です。

もちろん、指値注文でも同じことはできますが、スピード的には、ストリーミング注文ですね。

また、成行注文との違いでは、成行では、価格が有利、不利関係なく約定するのに対して、ストリーミング注文では、価格が不利な場合約定せず、失効するところが違います。

ストリーミング注文は、リアルタイムで発注、でも表示される価格より有利な価格で売買したいときに使うといいですね。