くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > 知らないといけない
リスク管理
> 最大損失はいくらでしょうか?

知らないといけない
リスク管理

最大損失はいくらでしょうか?

くりっく株365の取引リスクとして、金融取の資料などでは、

価格変動リスク、為替リスク、予想配当に関するリスク、金利変動リスク、流動性リスク、信用リスク、システム障害等リスク、税制・法律等の変更リスクがあげられています。

別に脅すわけではありませんが、くりっく株365は、証拠金取引=レバレッジ取引ですから、

証拠金に対して何倍もの取引額が動きます。

十分にリスクについて認識して、取引をする必要があります。

では、簡単な問題を

(問題)

例えば、くりっく株365日経225 レートを 買値10500円で1枚、買発注し約定したとします。

必要証拠金額は、27000円でした。

可能性として考えられる最大の損失額はいくらでしょうか?

 

どうでしょうか、必要証拠金分27000円?ロスカットが入るから、もっと少ないでしょうか?

まずは、取引額を考えましょう。

くりっく株365では、価格×100円が1枚の取引額になります。

10500円×100円=1,050,000円

105万円がみなさんの取引額になります。この105万円分のくりっく株365日経225を、必要証拠金27000円を担保に、買ポジションを持ったということですね。

確かに、くりっく株365取引には、ロスカットルールがあり、取扱会社によりロスカット基準値は、多少かわりますが、必要証拠金が、ルールで決められた割合を下回ると、強制決済される仕組みがあります。

基本的には、ロスカットにより証拠金内の損失でおさまる仕組みにはなっています。

ただ、強制決済発注された際に、その取引が約定することが約束されているわけではありません。

システムの問題発生、急激な相場(天変地異、戦争などなどの要因で)の変動などなどで、取引が成り立たないことも考えられるのです。

極端な話ですが、最悪、日経225の価格が0円になるまで、取引が成立しないことも・・・・

と考えると 答えは

最大損失 105万円(手数料、金利、配当、考慮せず)となります。

これが、10枚取引だと1050万円ですね。

証拠金取引というのは、投資額に対してその何倍もの取引額があると認識するのが、リスク管理のはじまりと思います。