くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > くりっく株365の仕組み
スーパー解説
> くりっく株365では、証拠金は預託される

くりっく株365の仕組み
スーパー解説

くりっく株365では、証拠金は預託される

くりっく株365の特徴的な仕組みとして、証拠金の全額預託があります。 

くりっく株365(取引所CFD)取扱会社の口座に入金した証拠金は、取引所に全額預託されます。 

万が一、くりっく株365取扱会社が破たんしても、預託された証拠金は、全額補償される仕組みです。 

破たんした場合、もしその破たん会社に証拠金が残っていたとしても、その証拠金は、消費者保護基金により1000万円を上限に補償対象となります。
※一般顧客に該当しない場合は、補償対象にならない。

まあ、くりっく株365取扱会社が破たんしたときの補償を考えても「へーーー」ってぐらいなものかもしれません。

ただ、取引所に証拠金が全額預託されるということは、くりっく株365取扱会社の資金と投資家の資金は、完全に分けられ管理されているということになるので、透明性が高くになります。

投資家にとって、信頼できる仕組みであることには間違いないですね。 

ちなみに、くりっく株365取扱会社が、取引所に証拠金全額預託というのは、法令で定められています。

もちろん、取引所(金融取)も、取引所の財産とは分けて保管してます。