くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > くりっく株365の仕組み
スーパー解説
> くりっく株365(取引所CFD)は税制面で優遇あり

くりっく株365の仕組み
スーパー解説

くりっく株365(取引所CFD)は税制面で優遇あり

取らぬ狸の皮算用で、くりっく株365であげた利益について考えておきましょう。

投資で得た利益は、そのまま全額使いたいところですが、税金を納める義務があります。

くりっく株365(取引所CFD)では、その税制面で優遇ありです。

 

■■ くりっく株365の場合税率はシンプル ■■ 

 

くりっく株365取引で得た利益の税率は、一律20%と至ってシンプル

申告課税分離方式というやつです。

給与所得がどんなに多くても、くりっく株365取引でどんなに利益が出ても、一律20%の税金を納めればOK。

これが、店頭CFD取引の利益は、雑所得扱いとなり総合課税の対象となります。

総合課税は、給与やほかの所得と合算されるため、給与所得が高いと税率も上がってしまいます。

税率は、15%〜50%(所得税5〜40%+住民税一律10%)

給与所得が高い、投資利益が多ければ、くりっく株365取引の税制が有利です。

 

■■ くりっく株365取引では、損益通算できる ■■ 

 

くりっく株365の税制優遇として、損益通算が可能というのがあります。

これは、他の取引所先物取引との損益通算できるというものです。

例えば、大証の日経225先物や東証のTOPIX先物などの取引損益と通算できます。

くりっく株365で200万円に利益が出ていて、東証のTOPIX先物で100万円の損失があったとしたら、

くりっく株365 200万円(利益)− 東証TOPIX先物 100万円(損失)=100万円利益となり、

これを課税対象とできます。

仮に、これが店頭CFDであれば通算できないので、 200万円が総合課税の対象となります。

まあ、どちらにせよ利益がでれば有利ですよって話です。 

 

■■ くりっく株365損失繰越控除 ■■

 

 では、損失が出た時の話を。

くりっく株365取引で、その年に控除しきれない損失がでた時は、翌年以降3年間にわたり繰越控除ができます

繰越控除できるのは、申告分離課税となる「先物取引に係る雑所得等」の金額からです。

例えば、くりっく株365取引で50万円の損失が出て、翌年50万円の利益が出たとしても、ほかに対象利益がなければ、プラスマイナス0円で税金は発生しません。