くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > これだけは知っておきたい
CFD取引知識
> 店頭CFDと取引所CFD

これだけは知っておきたい
CFD取引知識

店頭CFDと取引所CFD

今、日本のCFD取引を大きくわけると2つ。

店頭CFDと取引所CFDです。日本での取引所CFDが、くりっく株365です。

店頭CFDと取引所CFDの違いは、イメージ図を見てもらった方がわかりやすいと思います。

 

■■ 店頭CFDと取引所CFD(くりっく株365)仕組みイメージ ■■

〇店頭CFDの仕組みイメージです。

店頭CFD CFD取引仕組みイメージ図
店頭CFD会社には、複数のカバー先金融機関が存在します。複数のカバー先金融機関からの取引価格提示を受けます。

店頭CFD会社は、カバー先の提示取引レートを見て、個人投資家にCFDレートを提示します。

ただ、例えばカバー先のA金融から出たレートと個人投資家に提示されるCFDレートが同一とは限りません

店頭CFDの場合、個人投資家に提示されるCFDレートは、その店頭CFD会社のルールレートなのです。

店頭CFD会社から先の取引は見えません、あくまで個人投資家の取引相手は、店頭CFD会社です。

店頭CFDは、投資家と店頭CFD会社が一対一で契約に基づいた取引をする「相対取引」です。

店頭CFDでは、市場への上場が必要がない分、比較的自由に店頭CFD会社がサービスを提供できる利点があります。なので、数千銘柄ものCFD商品が提供できるのですね。

〇取引所CFD(くりっく株365)イメージ

取引所CFD くりっく株365 仕組みイメージ
取引所CFD くりっく株365には、マーケットメイカーと呼ばれる金融機関があります。金融機関名も公表されており、ドイツ証券や大和証券キャピタルマーケッツなどの名前があります。

これらのマーケットメイカーから提示された取引レートの中から、投資家に有利なレートを取引所(金融取)が提供します。(価格優先、時間優先のルールでマーケットメイク)

これを完全マーケットメイク方式と呼んでいます。

投資家に有利なCFDレートを提示するため、買値と売値が縮まり有利なスプレッドが提供されることにもなります。

取引所CFD くりっく株365では、取引所が提示するCFDレートにより売買をします。

そのため、くりっく株365取扱会社でも提示レートは同じです。

また、証拠金も法令により金融取に預託することになっており、口座を開設しているくりっく株365取扱会社が万が一破たんしても、証拠金は保護されます。

取引所CFDは、上場金融商品になり、厳しいルールがあります。

まだ、上場CFD銘柄は少ないのが現状ですね。