くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > これだけは知っておきたい
CFD取引知識
> CFD取引には取引期限がない

これだけは知っておきたい
CFD取引知識

CFD取引には取引期限がない

先物取引やオプション取引には、期限があります。

その期限が満了となる月の事を限月と言います。

日経225先物3月物であれば、3月が限月になります。限月を過ぎてポジションがある場合は、自動的に清算され、ポジションは解消されます。

この限月が、CFD取引にはありません。 (※店頭CFDの会社によっては、決済日があります)

 

■■ 限月をすぎるとロールオーバー ■■


日経225先物3月物を原資としているCFDであっても取引期限はありません。

限月を迎えてポジションを保有していれば、自動的に翌限月ものにロールオーバーされます。

例えば、限月が来ても日経225先物3月CFDのポジションを保有していると、日経225先物6月にロールオーバーされます。

他にも商品先物CFDなども同じく、取引期限なくロールオーバーされます。

 

■■ 先物CFDには金利発生がない ■■

 

先物CFDには、CFD取引の特徴である金利発生がありません。(絶対ではありませんが)

そのまま、日経225先物CFDの買いポジションを長期保有していても、金利の支払の発生はありません。

なので、買いポジションで長期保有しても、基本コストはかかりません。

少ない資金で、日経225先物に長期投資できると言えばできます。長期投資で利益があがるかどうかは別問題ですからね。