くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > CFD取引ウルトラ基本 > CFD取引は、空売りができる、空売りって何?

CFD取引ウルトラ基本

CFD取引は、空売りができる、空売りって何?

CFD取引であれば、相場の上昇局面でも下降局面でも利益が狙えます。

簡単に言えば、CFD取引は売りからでも入れる、空売りができるという事です。 

 

■■ 価格の上昇を狙う株取引 ■■ 

 

株式の取引(信用取引ではない)では、安い価格で買い、それより高い価格で売る事で利益を狙います。

つまり、相場の上昇局面で利益を狙う機会がきます。

相場は上昇下降を繰り返しながら動きます。したがって下降局面でも利益が狙えた方がチャンスが増えると言えます。

 

■■ 相場下降局面では空売りで利益を狙う ■■ 

 

では、下降時にどのように利益を狙うかというと、

高い価格で売っておいて、安い価格で買い戻すという方法です。

100万円で売り、95万円で買う。

これを逆にすると95万円で買ったものを100万円で売ると同じ意味なので、5万円の利益となります。

もっと一般的なた例えをすると、果物屋さんが、リンゴ一箱5000円で売りますよとお客さんと約束し、そのあとで、リンゴ一箱4500円で仕入れてくる(買ってくる)というイメージです。 

この先に売りを入れるのを、空売りとも言います。

CFD取引では、この空売りが可能です。 

この空売りができるというのは、CFD取引の特徴の一つでもあります。 

相場の上昇局面、下降局面でも値動きがあれば、CFD取引では利益を狙うことが可能になります。