くりっく株365(取引所CFD),CFD取引入門サイト,くりっく株365会社紹介,口座開設から実践まで。

くりっく株365 取引所cfd 初心者入門 > CFD取引ウルトラ基本 > CFD取引って金利がつくの?

CFD取引ウルトラ基本

CFD取引って金利がつくの?

CFD取引の特徴で、金利発生があります。

CFD支払、買いポジションで金利相当額を支払CFD売りポジションで金利相当額受け取り

この金利は、ポジションをオーバーナイト(ロールオーバー)すると発生します。 

 

■■ CFD取引金利発生のタイミング ■■ 

 

金利の発生タイミングは、店頭CFDでは、各会社、CFD銘柄によります。 たとえば日本時間AM5:00をまたいで、ポジションを持っていると金利発生という感じで。

くりっく株365の場合、対象銘柄 のその日の取引時間終了をまたぐと、金利相当額が発生します。

ちなみに、くりっく株365日経225であれば、取引時間がAM8:30〜翌日AM6:00 なので、このAM6:00を超えると金利相当額発生。(米国NY州サマータイム適用期間は、AM5:00取引終了)

 

■■ CFD取引 金利発生の考え方 ■■ 

 

CFD取引買いポジションで金利相当額支払、売りポジションで金利相当額受け取りが発生する理由は、

CFD取引で買いポジションを持った場合、銘柄を調達するために、資金を借りる。買いポジションを持っている間、その資金を借りる金利相当額を支払う。

CFD取引売りポジションを持った場合、銘柄を売却してその資金を運用

売りポジションを持っている間、その資金を運用して得られる金利相当額 を受け取ると考えます。

 

■■ CFD取引金利の発生額は? ■■

 

店頭CFDの場合、取扱会社、CFD銘柄により金利が違います。 

例えば、LIBID(London Inter-Bank Bid Rate)に、その店頭CFD会社の利率をのせて、360日で割ることで、一日あたりの利率を計算したりします。 

(LIBID1.1215%+店頭CFD会社利率3%)÷360日=約0.01%/日

これを取引額に掛けて計算

CFD保有銘柄10,000ドル×0.01%=1ドル/日

店頭CFDの場合、売りポジション、買いポジションの利率に違いがあります。

買いポジションの支払利率の方が、売りポジションの受け取り利率より高くなっています。

簡単に言えば、もらえる金利は少なく、支払う金利は多い。ということですね。

〇くりっく株365の金利は一本値

くりっく株365では、売りポジションも買いポジションも金利は同じ額になっています。

金利一本値ですね。 

■■ 金利の発生がないCFD銘柄もある ■■

ここまで説明してきたCFD取引の金利ですが、すべてのCFD銘柄に金利発生があるかというと、そうではありません。

先物CFDや債券CFDの場合、金利発生がない場合があります。

また、店頭CFDでは、売りポジションでも金利の支払が発生する銘柄もあるので注意が必要です。